プロフィール

高塚苑美

高塚苑美

「クルマを売りたいなら、クルマの話はやめなさい!」

浜松市(静岡県)にあって、イタリア車を日本一売ったセールスパーソン。(8年間に800台)
成約率8割を超える営業の秘訣をお伝えします。

 

プロフィールをPDFでダウンロードする

略歴

同志社大学卒業後、ニュージーランドへ遊学。帰国後、輸入車ディーラーに半年間のアルバイトとして入社。
半年後、月10 台の販売を機に本格的にセールスを始めると、「商品説明ゼロ」という営業スタイルを確立し、8年で800 台の販売を記録。「日本一イタリア車を売る女」と異名がつく。
輸入車業界で最年少の女性マネージャーに就任すると、女性に支持される店舗改革を行い、業績を最下位から全国TOP 3 へと躍進させる。
また、クビを宣告された社員を月に8台売れるセールスパーソンに育てるなど、セールスマネジメントの手法も注目を浴びた。

 

2011年、株式会社グラッツェミッレ設立、代表取締役に就任。
2012年 9月 『数字が一生伸び続ける人の習慣ノルマに追われ続ける人の習慣』(すばる舎) 出版。

日本の企業から販売不振をなくすことを目標に、講演や営業コンサルティングも積極的に行っている。

近年は、 東南アジアでの途上国支援や、国内では地方活性化プロジェクトに携わる。

実績

NEC、ゆうちょ銀行、JX日鉱日石エネルギー、日本生命、武蔵野銀行、大塚商会、 全日本特殊鋼流通協会、
プルデンシャル生命保険、三菱UFJ信託銀行 中部食料品問屋連盟、関西生産性本部、浜松市、
神奈川県自動車整備商工組合、 日本コープ共済生活協同組合連合会、JAIFA、京都信用金庫  など多数

主な講演テーマ

・「クルマを売りたいなら、クルマの話はやめなさい!」
・「数字が一生伸び続ける人の営業術」
・「お客様の心をつかむホスピタリティ・セールス」
・「お客様が未来の顧客を連れてくる!お客様をファンにする営業戦略」
・「日本の常識は世界の非常識!?世界で通用する日本のサービスとは」

お客様の声

  

  • めちゃくちゃ勉強になりました。親近感のもてる実体験のエピソードと、合理的な理論で、
    仕事にかなり生かせそうです。
  • 「人の話をきく」ということが自分にとって大切なことだと思っているので、とても良かったです!
    自分のウオンツ、人のウオンツをみたすこと。人に貢献する人生。自分と人を勝たせる人生を
    つくるため、今から実践していきます。
  • 人の話を聞くということが出来ていないことが良くわかりました。ここが分からないと相手の欲求
    をつかむことが難しいと思いました。
  • 行動あるのみですね!思いを行動に移します!
  • 非常に充実した内容で面白かったです。欲求パターンの系統だてが参考になりました。
  • 話がとても分かりやすくて、映像が見えるようなストーリー展開で良かったです!
  • 相手を変えるのではなく、自分が変わる。相手が自ら変ってくれるのを待つ。
    それには忍耐が必要。今出来ることを1mm変える。深い言葉をありがとうございました。
  • 事例がたくさんあり、とても楽しく拝聴できました!ありがとうございます。
  • 自分を変えてみようと思いました。ありがとうございます。
  • 心理学をどう使うかという例が面白かったです。ミッション→パッション→コミッションの話は
    とても印象に残りました。
  • 「他人を変えるよりも、自分が変われ」というメッセージ、とても心に響きました。今、この時から
    行動を変えたいと思います。ありがとうございます。
  • 掴みと締めが一本でつながってキレイな講演でした。特に後半の“過去の自分が今の自分を
    作っている”、“ミッションがパッションを作る”という言葉が力強かったです。
  • 短い時間でしたが、濃い内容でした。美味しいコーヒーの件が深く、早速、家でも皆で
    話し合いたいと思います。
  • コミュニケーションのヒントを沢山いただきました。パッションを持って、精進していきたいです。
  • とても気持ちが伝わる講演で、パワーを頂くことができました。自分が出来ることから取り入れて
    行動していきたいと思います。素敵な時間をありがとうございました。

活動

・古事記1300プロジェクト 協力
・公益財団法人シーセフ(カンボジアを中心とした途上国支援) 協力企業


高塚苑美へのお問い合わせ

取材・講演・研修のご依頼

講演概要ダウンロード

志縁塾