営業力は世界を救う!


 いま私が講演を仕事にしているのには理由があります。それは、今の日本に足りないのは営業力だと実感しているから。そして、そこに微力ながら貢献したいと思っているからです。

 

 私が営業を始めたとき、営業に必要なスキルもナレッジもマインドも全くありませんでした。もともと半年でやめようと思っていた腰掛アルバイトだったからです。あるエピソードがきっかけで営業をするようになってからも、決して順風満帆ではなく、いつも目の前には壁がありました。売り続けることの難しさ、スランプ、部下が育たないジレンマ、数字が読めない恐怖・・・。一営業マンとしてのカベもあれば、店長やマネージャーとしてのカベ、経営者としてのカベも経験してきました。

 

でも、私は思うのです。営業ほど素晴らしい仕事はないって。
なぜなら、営業=影響すること。人にどれだけ良い影響を与えられるかで結果が変わります。残念ながらそのことに気付かず、売り込みに必死になる営業マン、気合と根性で売らせるマネージャーや経営者が沢山います。するとお客様にも悪影響だし、もちろん自分自身にも悪影響です。もちろん、上司が悪いわけでも何でもなく、売りたいし、良くなりたいのは誰も一緒なのです。

 

 私が自分自身の経験を通して伝えたいのは、営業は、正しいマインド、ナレッジ、スキルを身に付けたら、必ず関わる全ての人が幸せになれるということです。

 

 いまの日本は企業に元気がありません。だからそこに働く人たちも元気がないし、その家族も元気がない。営業マンに元気がなければ、お客様にも元気がなくなってしまう。そう考えると、負の連鎖に陥っている人の数がいかに多いのかと感じています。

 

 私ができるのは、自分の経験と気づきを一人でも多くの方にお伝えし、勇気と元気を感じて動いてくれる人を作ること。その小さな積み重ねが、日本を元気にし、世界に良い影響を与えていけると考えています。

 

 

 

営業力は世界を救う!

 

そう信じて今日も皆さんに声をお届けしています。

前ページ 「営業に商品説明って必要ですか?」へ

 

 

 

取材・講演・研修のご依頼

講演概要ダウンロード

志縁塾